BRAND STORY

ブランドストーリー

HARVEST LABELは、1995年に誕生したフラッグシップブランド。吉田カバンのTankerシリーズなどを生み出した、日本を代表するカリスマバッグデザイナー・山口幸一がハーヴェストへ移籍し、新ブランド「HARVEST LABEL」を立ち上げ発表。それから25年、今も国内の自社縫製工場にて、 数々の新シリーズであるCUSTOMやBULLET LINEは、一つずつ丹念に熟練の職人によって 生産されています。

 

デザイン、素材、縫製、スナップボタンやフックなどのパーツに至るまで 、カスタムオーダーし、一切の妥協を許さず、仕上げられています。
価格よりも作り手のこだわりやクオリティ、スペックを重視する「ホンモノ」志向に求められるバッグブランドであります。バッグでありながら、コレクションアイテムとして購入する「HLマニア」も多い。

 

2020年、25周年を迎え、当時の人気シリーズである、FLYER’Sのデザインを復刻したネット限定販売を皮切りに、HARVEST LABELは、新たなチャプターへ、日本からさらに世界へと発信していきます。

HARVEST LABEL, founded in 1995, is positioned as the flagship brand of Harvest Corporation. A collection that combines master craftsmanship and superior quality, individually handmade in our very own factory in Osaka, Japan.

 

The brand’s inspiration taken from vintage military gears are the root of HARVEST LABEL when launched by our founding designer, Koichi Yamaguchi. A charismatic designer who became known for his work at Porter brand of bags under Yoshida & Co., Ltd. of Japan. Perfection without compromise was and still is the heart and soul of our collection.

 

Today, that same DNA is carried over and now produced by our factory, Custom Osaka, in Japan. While many factories have closed and shifted overseas, we look ahead to continue producing the highest quality bags for many more years to come with our very own hands.

VIEW BRAND HISTORY